新古車のメリット・デメリットまるわかり!購入先の選び方から注意点まで完全解説

はじめに

新古車をご存じでしょうか?

その名前を耳にしたことがあっても、内容について詳しく知らない、という方も多いでしょう。
新車でもない中古車でもない新古車には、隠されたメリットがあるのです。

購入価格と維持費の高さでマイカー所持を断念していた方は、新古車であれば夢のカーライフを送れる可能性も。

今回は、そんな新古車の基本情報をお届けするとともに、購入メリット・デメリットなど気になる内容もご紹介します。
「新車同然のきれいな車を、少しでも安く手に入れたい」という方は、ぜひご一読ください。

後で読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

新古車とは?新車や未使用車、中古車との違い


新古車とは、新車の状態からまったく使われていない車を指します。
世の中に流通する車は「新車」と「中古車」に大別されます。
しかし、購入車の中には、ユーザーが1度も乗らず、ナンバー登録しただけで中古車市場に売りに出される車もあります。
使われていなくても値札が外された以上は新車と呼ぶわけにはいきません。
そうかと言って新車同様の性能を持つ車を中古車と位置付けるのも無理があります。
そのため、新車と中古車の中間に位置する車ということで、「新古車」と呼ばれているのです。

しかし、新古車という呼称は誤解を招く表現ということから、公での使用が禁止されています。
一般的に、ナンバー登録しただけで使われず手放された車を「未使用車」と表記することになっています。

新古車になってしまう理由はさまざまです。
個人的な事情から未使用のまま売却される場合もあれば、メーカー側とディーラー側の都合によって未使用車として中古車市場に売り出すケースもあります。
新古車が生まれる背景は一様ではないものの、性能・内装・エンジンや足回りの状態などはほとんど新車同然であるため、中古車市場では一定の人気を誇っています。

新古車のメリット・デメリット

その特徴だけ見ればメリットしかないように感じられる新古車ですが、購入するうえでデメリットもあります。
また、ディーラー側が新古車を販売するメリット・デメリットも気になるところ。
ディーラー側の事情を見れば、なぜ新古車と呼ばれる車が市場に流通するのかが分かってきます。

新古車を購入する側のメリット・デメリット

・メリット
中古車なら気になる走行距離や車体のキズ・汚れ、車内の使用感などの点が、新古車であれば何も悩む必要もなく購入ができます。
看板は「新古車」「未使用車」を掲げていても、実質的には新車と変わりありません。
車体にキズもなければ、車内の内装は新車同様、きれいです。
そんな状態の車を、新車よりも安く購入できるのですから、そのメリットは決して小さくはありません。

また、すでに新車登録されていますので、重量税はかかりませんし、取得税が減額される車種もあります。
さらに軽自動車は、その年度の軽自動車税が不要となる点も大きいでしょう。
車体価格がお手頃なうえ、税金の負担も軽減されるのは、ユーザー側からすればうれしい限り。
経済的な事情から車購入を断念する方も多いため、コストパフォーマンスのよさは新古車の持つ大きな魅力です。

・デメリット
未使用車の在庫から選ぶことになるため、必ずしも好きな車種を購入できるとは限りません。
メーカーオプションやボディカラーも選べないため、選択肢は限られてきます。
その一方で、人気の車種はあっという間に売れてしまう傾向にあります。
新車や中古車と比べ、欲しい車種を簡単に購入できないところが大きなデメリットです。

また、新古車は中古車販売業者が取り扱い、展示される場所も中古車が並ぶところと一緒です。
展示車であるため、第三者が乗ったり、手に触れたりしている可能性もあり、キズなどがないか確認する必要があります。
値段は、新車より安く、中古車より高めとなります。
中古車として考えると、価格はそれほど安いと思われないかもしれません。

新古車を売る側のメリット・デメリット


・メリット
新車を販売して初めて収益が得られるディーラーですが、新車を未使用車として中古車市場に出すことで、販売台数ノルマをクリアできるなどのメリットがあります。

メーカーに代わって新車の販売権利をもらっているディーラーとしての立場上、販売目標をクリアすることはその地域を管轄する責任者としての務めでもあります。
メーカーとしても、ディーラーに頑張ってもらって1台でも多くの新車を売ってもらわないと業績につながりませんので、さまざまな奨励策を用意して販売促進を後押ししています。

そんな奨励策のひとつに、「台数奨励達成金制度」があります。
これは、メーカーが月間目標をクリアしたディーラーに対して奨励金を支給するというもの。
つまり、ディーラーが新古車として登録してナンバーを取得すれば、販売台数がプラスとなってノルマ達成もしやすくなるのです。

・デメリット
新古車と言っても、法律上は中古車扱いです。
そのため、中古車市場で売る場合は、新車より価格を下げる必要があります。
ほとんど走行していない新車同然の車であっても、新車と同じ価格では誰も購入してくれないからです。
当然、新車を売るよりその利益は小さく、経営にも少なからず影響を与えるでしょう。

新古車はどこで買える?購入時の注意点

新古車はどこで購入すべきか?またその際の注意点は?以下の点も押さえたうえで新古車を購入してください。

新古車の購入先の選び方


新古車を購入する際は、「ディーラー系列の中古車販売店」か「その他の中古車販売店」のどちらかになるでしょう。
ディーラー系列の販売店で購入するメリットは、新古車の在庫台数が多いこと。
割合としても新古車を扱う販売店はディーラー系列販売店が高いことから、好きな車種が見つかりやすいかもしれません。
その一方で、一般の中古車販売店より価格が高くなる点に注意する必要があるでしょう。

中古車販売店であれば、市場原理に見合った価格での販売に期待が持てます。
少しでも安い価格での購入をお望みなら、信頼できる中古車販売店を見つけましょう。
中古車販売店の規模によっては、ディーラー系販売店に劣らない車種、台数の新古車を用意しているお店も少なくありません。

新古車を購入する際の注意点

新古車は、売りに出される時点で価格が下がっていますので、基本的に値引き交渉はできません。
人気車種ならすぐに売れてしまう新古車だけに、値引きにこだわって買い時を逃さないようにしましょう。

また、オプション商品を積極的に勧めてくる販売店の営業マンもいます。
それが本来必要な商品であれば購入しても問題ないでしょうが、勧められるままに高級マットなどを購入してしまうと、大きな出費になることも。
せっかくお買い得の新古車を購入しても、オプション商品の購入で出費がかさんではそのメリットが失われてしまうことに注意が必要です。

「新車同然の車をお手頃な価格で手に入れたい!」という目的で新古車の購入を望むなら、事前に新車見積もりを取り寄せて料金がどれくらい安くなっているか比較しましょう。
見積書の金額を見ると、意外と安くなっていないケースも少なくありません。
車体価格以外の諸経費が、新車より高く設定されることもあるためです。
諸経費やローン金利も含めた金額が、車の購入費用です。
新古車を取り扱う販売会社によっては、諸経費やローン金利が高くて総支払額を比べて見たら新車とほとんど変わらない、ということもあります。
そのため新車の見積額と照らし合わせる作業は怠らないようにしましょう。

まとめ

新古車購入にはいくつか注意点があるものの、購入メリットは少なくありません。
大幅値引きされた新車が手に入ったと思えば、かなりのお買い得です。
買うタイミングによっては自動車重量税などの税負担も軽減できます。
「グレードの高い車を、少しでも安い金額で手に入れたい」という方は、新古車の購入を検討してみてください。

後で読む
このエントリーをはてなブックマークに追加