昨年の全国会議で本部からの提言をさせていただきました。
それらを実践するにあたり、しっかりとした知識に基づいた活動は欠かせないものであり、どのような施策についても、その過程においてしっかりと検証し仮説を立てなければいけないし、そのような力が必要となってきます。
ある意味では「社員教育・環境整備」がすべてのベースになるため、これを欠いては何一つ力のある実践はできないとも言えます。

このような考えに基づき、本部では社員を東京に集め、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社によるセミナー「戦略マネージメントゲーム(中販店向け)」に参加しました。

セミナーは午前10時から始まり午後5時まで。
昼食の時間以外は丸一日、部屋の中でのセミナーという形になります。

このように室内に缶詰めという話を聞くと気が引けてしまうような人は多いとは思いますが、私たちが一般的に想像するような座学とは異なり、名前の通りゲーム形式となっているので、いわゆる“机に向かう”というような雰囲気ではありません。
ゲームを楽しみながら経営に必要な知識を得られるようになっていて、ぜひ社員教育を考えている方には検討していただきたいと思います。