コアなファンが多い人気車「ズズキジムニー」の特徴、価格、燃費を紹介

はじめに

スズキジムニーは、初代の登場から長い歴史を持つ四輪駆動の軽自動車です。
悪路でも快適に走行できる性能の高さから、コアなファンも多い車種であり、長年にわたり愛され続けています。
待望の新型ジムニーは、従来の力強い走りはそのままに、より快適な乗り心地が追及されているのが特徴です。
オフロードで走るアウトドアシーンをはじめとして、幅広く活躍します。
こちらでは、そんなジムニーの特徴・価格・燃費などの情報をお伝えしていきます。

後で読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スズキジムニーはどんな車?

スズキから発売されている「ジムニー」は、力強い走りとスイッチ式ドライブアクション4×4により、路面の状態にかかわらず快適にドライブできる車種です。
クールなカラーバーリエーションと充実感のあるインテリアで、ドライブがより一層楽しめます。
発売当初からコアなファンが多く、軽自動車ながら四輪駆動のアクティブな走りを楽しめるのが魅力です。
こちらでは、ジムニーの特徴についてご紹介します。

スズキジムニーの概要

スズキジムニーのコンセプト

“未知なる感動へ導く”

“いつまでも乗っていたいと思う。自由な気持ちになれる、軽快空間。”

“比類なき本格4×4スポーツ、それは理想を極めたメカニズム”

ミニバンに不慣れな方にも運転しやすいコンパクトなボディ。

引用元:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

 

ハイブリッドとガソリンのラインナップ

ラインナップ XG
XC

基本情報

価格帯(※消費税込み)
4WD・5MT 1,296,000円
4WD・4AT 1,407,240円
燃費
4WD・5MT 14.8km/L
内装
“リヤシートのシートバックを前に倒すだけのワンアクションで後部座席が積載空間に変わります。”
引用元:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/interior/

“室内に入る花粉やホコリを抑えるエアフィルターを採用。抗菌処理を施しているので、カビなどのいやな臭いも抑えます。”“日差しの強い日でも安心のUVカット機能付ガラスを装備。フロント合わせガラス、UVカットガラス(フロントドア)、スモークガラス(クォーター、バックドア)により全面UVカット効果があります(UVカット率:フロントドアUVカットガラス・スモークガラスは約90%カット、フロント合わせガラスは約99%カット)。”
引用元:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/comfort/

ノクターンブルーパール
シルキーシルバーメタリック
スペリアホワイト

 

新型ジムニーの特徴

2代目の登場から17年の歳月をかけて誕生した新型ジムニーは、旧型と同様にラダーフレームとリジッドサスの構造が導入されています。
その一方で、旧型と比べて操縦性が大幅に改善され、ほかの軽自動車と比べても高度な衝撃吸収性を誇り、より快適なドライブが可能となったのが、新型の特徴でしょう。
これにより、コンパクトカーに比肩するほどの乗り心地が実現されています。

もともとオフロードマシンとして誕生したジムニーですが、新型では広々とした荷室空間が確保されていることから、アウトドアシーンでも活躍すること間違いなしです。より快適な乗り心地を追及するのであれば、人気モデルの「ジムニー ランドベンチャー」を選択しましょう。特別なシート素材により、長時間のドライブでも心地良く過ごすことができます。

また、安全性も大幅に改善しています。新型ジムニーのボディーは、「軽量衝撃吸収ボディーTECT[テクト]」によって、内部の衝撃を分散させる構造になっています。また、スペアタイヤの取り付け位置が従来よりも低くなったため、運転席からの視界も広がりました。

ジムニーは、1970年代に初代のモデルが登場してから、約40年間以上にわたる長い歴史を持つ車種です。四輪駆動で悪路でも快適な走行を見せる従来のジムニーならではの特徴は、3台目となる新型ジムニーにも受け継がれています。長年にわたりコアなファンに愛され続けてきたジムニーは、新型に生まれ変わっても変わらずにファンを魅了し続けています。

ジムニーの人気モデル

ジムニーの人気モデルである「ランドベンチャー」と「シエラ」についてご紹介します。

ランドベンチャー


「ジムニー ランドベンチャー」は、ジムニーの特別仕様車です。
高級感のあるエクステリアで、上質なドライブを楽しめます。
また、シート表皮には撥水機能つきの「クオーレモジュレR」を採用。
こちらの素材には、夏に熱くなりにくいとともに、冬に冷たさを感じにくいという、特殊な性能があります。
さらに、汚れや水滴を拭き取りやすいのもメリットです。
アウトドアシーンで活躍する車種だからこそ、汚れに強く快適な車内環境が整えやすい点は、非常に魅力があります。

ランドベンチャーのコンセプト

“鮮烈なイメージを新たに身につけたジムニー。まだ見ぬその先へ、走る歓びはさらに加速していく。”

“より個性的に、さらにスタイリッシュに。走るマインドをくすぐる上質の装備”

引用元:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_landventure/

 

ハイブリッドとガソリンのラインナップ

ラインナップ ジムニー ランドベンチャー
ジムニーシエラ ランドベンチャー

基本情報

価格帯(※消費税込み)
ジムニー ランドベンチャー
660・3ドア 4WD・5MT
1,580,040円
ジムニー ランドベンチャー
660・3ドア 4WD・4AT
1,691,280円
ジムニーシエラ ランドベンチャー
1300・3ドア 4WD・5MT
1,758,240円
ジムニーシエラ ランドベンチャー
1300・3ドア 4WD・4AT
1,869,480円
燃費
4WD・5MT 14.8km/L
内装

“リヤシートのシートバックを前に倒すだけのワンアクションで後部座席が積載空間に変わります。”
引用元:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/interior/

“夏は熱くなりにくく、冬は冷たく感じにくい素材「クオーレモジュレ®」。四季を通じて快適なコックピット環境を保ちます。撥水機能を有しており、水滴や泥などの汚れも簡単にふき取れます。”
引用元:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_landventure/

クールカーキパールメタリック
スチールシルバーメタリック
パールホワイト
ノクターンブルーパール
ブルーイッシュブラックパール3

 

シエラ

軽自動車であるジムニーに対して、「ジムニー シエラ」は普通自動車です。
一見すると通常のジムニーと同様にコンパクトでありながらも、より快適な乗り心地を楽しめます。
特に、高速道路や悪路での走行においては、軽自動車であるジムニーと比較して力強い走行を見せてくれるでしょう。
ジムニーの大きな特徴のひとつである四輪駆動も受け継がれ、インテリアにもジムニーらしさを感じられます。

シエラのコンセプト

“大自然の彼方まで”

“全ては快適クルージングのために。走る歓びを掻き立てる充実装備。”

“余裕ある1.3Lの力強い走りと、乗る人を守る高い安全性。”

引用元:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/

 

ハイブリッドとガソリンのラインナップ

ラインナップ ジムニー シエラ

基本情報

価格帯(※消費税込み)
4WD・5MT 1,668,600円
4WD・4AT 1,779,840円
燃費
4WD・5MT 13.6km/L
内装

“リヤシートのシートバックを前に倒すだけのワンアクションで後部座席が積載空間に変わります。”
引用元:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/interior/

“フロント合わせガラス、UVカットガラス(フロントドア)、スモークガラス(クォーター、バックドア)により全面UVカット効果があります(UVカット率:フロントドアUVカットガラス・スモークガラスは約90%カット、フロント合わせガラスは約99%カット)。”
引用元:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/comfort/

スペリアホワイト/シルキーシルバーメタリック
ノクターンブルーパール/シルキーシルバーメタリック
シルキーシルバーメタリック

 

ジムニーのカタログリンク集

・ジムニー
http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

・ランドベンチャー
http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_landventure/

・シエラ
http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/

まとめ

四輪駆動の軽自動車であるジムニーは、路面の状態を問わないパワフルな走行性が魅力の車種です。
さらに新型ジムニーは、クールなデザインや快適な乗り心地が追及され、長年のファンを満足させる仕上がりとなっています。
ジムニーの力強い走りにさらなる快適さを加えた「ジムニー ランドベンチャー」や、普通車の「ジムニー シエラ」など、目的に応じてお好みのバリエーションを選びましょう。
悪路やオフロードでの走行が想定されるアウトドアシーンなど、幅広い活躍が期待できます。

後で読む
このエントリーをはてなブックマークに追加