ドライブレコーダーは前後が撮れるものがいい?ドライブレコーダーの選び方

はじめに

最近は、ドライブレコーダーを搭載する車両が多くなりました。ドライブレコーダーの映像があれば、事故の際、何が起こったかがわかりやすくなります。

保険の交渉や裁判時など、さまざまな場所で役立つでしょう。特に、前後を撮影できる機種はおすすめです。ここでは、ドライブレコーダーに関する基本的な知識や、自宅での取り付け方、主要メーカーの特徴などをご紹介します。

後で読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

そもそもドライブレコーダーって何ができる?

ドライブレコーダーでできることには何があるのでしょうか。ここでは、ドライブレコーダーの機能や選び方についてご紹介します。

録画・録音

ドライブレコーダーには、走行中の映像を録画できる機能がついています。映像だけを記録するものもあれば、音声つきで録画できるものもあります。動画だけでなく、静止画を保存できる機種もあるため、お好みで選んでみてください。

ドライブレコーダーは、運転中のようすを常時録画するタイプと、事故を察知した際に録画開始する、イベント記録タイプの2種類があります。

常時録画タイプが保存しておける映像の長さは、機種や保存媒体の容量によって変わります。長時間録画したいときは、容量の大きな機種を選びましょう。

イベント録画タイプのレコーダーは、車に衝撃があったときや急ブレーキをかけたときに機械が作動します。任意で録画開始する機能を持つレコーダーは、ボタンを押した前後から記録をはじめます。

また、ドライブレコーダーによっては、速度や位置情報、加速度など、映像以外のさまざまなデータを記録できます。用途に応じ、必要な機能がついているものを選びましょう。

前後撮影機能のあるものがおすすめ!

ドライブレコーダーを選ぶ際は、その機種が撮影できる視野を確認しましょう。前しか撮れない機種もあれば、前後の画像を撮影できるものもあります。幅広い事態に対応できるのは前後が撮影できる機種です。できれば前後撮影可能で、視野角の大きいものを選びましょう。

また、夜間の撮影はカメラの性能がものをいいます。暗い場所でもしっかりと撮影できるものを選ぶのがおすすめです。

ドライブレコーダーの活用方法って?

ドライブレコーダーは、事故が起こった際に役立つアイテムです。自分の証言を裏付ける証拠として有効に使えます。また、他人が撮影した事故現場の映像をみて、交通安全意識を高めるのにも効果的です。実際に警察庁のホームページでは、「ヒヤリハット」する場面を記録したドライブレコーダーの画像を掲載しています。

もちろん、ドライブレコーダーは事故現場の検証以外にも活用できます。おすすめの楽しみ方は、風景の撮影です。景色のよい場所でドライブした際、レコーダーで走行中の景色を撮影すれば、後から見返して楽しめます。いつも眺めている風景とは少し異なる視点からの映像のため、新鮮な気持ちで鑑賞できるのではないでしょうか。無線LAN内蔵の商品なら映像をスマートフォンに送れるため、家族や友人との共有も簡単です。

自分で取り付けも可能!ドライブレコーダーの取り付け方

ドライブレコーダーを購入したら、その場で取り付けてもらう方も多いのではないでしょうか。ただ、自宅に工具があれば自分で取り付けるのも可能です。ここでは、ドライブレコーダーの取り付け方についてご紹介します。

店舗で取り付けてもらう場合

ご自分での設置に不安がある方やご自宅に工具のない方は、お店に頼むのがおすすめです。ドライブレコーダーを買うときは、取り付けサービスも行っている店舗で購入しましょう。取り付けにかかる料金は5,000円程度が目安で、完了まで1~2時間ほどかかります。

ドライブレコーダーの購入は、実店舗で行うとは限りません。インターネット通販で格安のものをみつけ、購入することもあります。通販や別の店で購入した商品を持ち込んだ場合、取り付けサービスを拒否される場合もあるため注意しましょう。

外で購入したドライブレコーダーの取り付けに対応している店もありますが、相場よりも取り付け料金が高くなる場合があります。ドライブレコーダーを安く買えたものの、取り付けにお金がかかってしまっては意味がありません。業者に取り付けを依頼したい場合は、購入する店を注意して選びましょう。

自分で取り付ける場合

ご自宅に工具がそろっている方は、ご自分で取り付け作業を行ったほうが安上がりです。安全には十分注意して作業しましょう。

取り付けをはじめる前に、まずはレコーダーを設置する位置を決めましょう。ドライブレコーダーの取り付け位置は、法律によって決められています。「ガラス開口部の実長の20%以内の範囲」、もしくは「車室内後写鏡により遮へいされる前面ガラスの範囲」に取り付けましょう。
だいたいルームミラーの高さと同じくらいの場所なら大丈夫です。

ドライブレコーダーは両面テープで貼り付けられるものが大半です。
貼り付ける面に汚れがあると粘着力が弱まるため、きれいに拭き取っておきましょう。

ドライブレコーダーの取り付けでもっとも大変なのが電源の確保です。
電源をとる場所は、機種によって異なります。

・シガーソケットタイプ(シガーソケットから電源をとる)
・2芯ケーブルタイプ(ヒューズボックスのACCから電源をとる)
・3芯ケーブルタイプ(ヒューズボックスのACCから電源をとる)

と、たいていは上記の三つにわけられます。

シガーソケットタイプは、ケーブルを接続するだけでドライブレコーダーが作動するため、設置が簡単です。ケーブルを隠したい場合はもう少し複雑な作業を行う必要があります。

ヒューズボックスのACCから電源をとる場合は、内張り剥がしでピラーカバーを外し、電源を探さなければいけません。車の取り扱い説明書をみながら作業すれば、電源の場所がわかりやすくなります。購入したドライブレコーダーに適合する形のヒューズを差し替えましょう。車の内装に合わせ、配線をうまく隠して配置すれば完成です。

ドライブレコーダーの主要メーカー

現在、ドライブレコーダーはさまざまなメーカーから販売されています。ここでは、主要なメーカーについてご紹介します。

コムテック

コムテックは2018年現在、国内でのドライブレコーダーシェア1位のメーカーです。2014年ごろはほかのメーカーに人気を抜かれることもありましたが、再びトップに返り咲きます。

コムテックのドライブレコーダーは、視野が広角な点が特徴です。広い範囲を録画できるため、事故発生時に起きたことを漏らさず記録できます。ただ、きれいに風景を撮影するのには向いていないため、風景を記録したい方はより解像度の高い機種がおすすめです。

ユピテル

ユピテルは2014年ごろまで、ドライブレコーダーの国内シェアのトップを走っていたメーカーといわれています。サイズが小さめで、多種多様な商品展開が特徴です。顧客のニーズに細かく対応しているため、欲しかった機能のついたドライブレコーダーが見つかるかもしれません。

ケンウッド

ケンウッドは2016年前後まで、ドライブレコーダーのメーカー日本でトップの人気をほこっていました。低価格のスタンダードモデルを量産したため、コストパフォーマンスのよさを求める方々から人気が高まりました。

アサヒリーチ

アサヒリーチのドライブレコーダーは、「Driveman」シリーズが有名です。官公庁への販売実績があり、日本のパトカーの多くはアサヒリーチのドライブレコーダーを取り付けているようです。安全で信頼できる商品をお求めの方は、官公庁御用達のアサヒリーチ製品がよいかもしれません。

まとめ

現在、多くのドライバーが自家用車にドライブレコーダーを搭載するようになりました。安いものなら数千円で購入できるため、まだお持ちでない方は導入してみてはいかがでしょうか。購入したドライブレコーダーは、自分で取り付けることも可能です。工具がそろっている方は、節約のためにDIYしてみるのもよいでしょう。

後で読む
このエントリーをはてなブックマークに追加