トヨタ アクアはなぜ人気なのか!?理由を考えてみる。

トヨタが誇る人気車種のアクア

%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%a21
CMなどでも盛んに取り上げられているのが、トヨタが誇るハイブリッドコンパクトカーであるアクアです。

2011年に最初に発売された直後から2016年まで、毎年の年間乗用車売上げランキング(参考)でトップクラスに君臨している大人気車種となっています。
参考:http://www.jada.or.jp/contents/data/ranking.html

ハイブリッドカーとしては同じトヨタから別の人気車種が既に発売されていましたが、先に出された車種をさらに凌駕する燃費の良さが話題となり、ファミリー層などに高い人気を博しています。

トヨタからは、プリウスに代表されるような様々な車種のハイブリッドカーが販売されていますが、そのほとんどはガソリン車からの派生として誕生していました。

しかし、この車種は当初からハイブリットカーとして研究開発された経緯があり、環境保護に気を配る現代に似つかわしい生粋のハイブリッドカーだと言えます。

ボディもコンパクトなので比較的価格もお手頃なことに加え、非常に優れた燃費性能を持つというメリットが消費者の心を掴み、大ヒットへと繋がったのです。

安くて燃費が良いというコストパフォーマンスの良さが最大の魅力となっており、グレードもLクラスで169万円、Sクラスで179万円、Gクラスで185万円と分かりやすく3段階に設定されています。

車体は全長3995mmで幅は1695mm、高さは1445mmのコンパクトカーです。

コンパクトカーという点がトヨタハイブリッドカーとして人気の高いプリウスとの大きな違いです。

コンパクトカーといっても、比較的長めのボディをしており、室内も全長1915mmで幅1390mm、高さ1250mmと十分な広さを兼ね備えています。

コンパクトカーというと座席や空間が窮屈なイメージがありますが、アクアはまったくそのような心配はありません。

高さが低めなので背の高い人などは心配でしょうが、身長170cmほどの人であれば座っても天井と頭の間には十分な余裕が残されています。

また、インテリアもシンプルで使いやすくなるよう設計されており、カラーもグレードによって4パターンから選べるなど好みに応じてカスタマイズ出来るのも嬉しいところです。

多彩なカラーも人気の秘訣

この車種は燃費の良さだけでなく、カラーバリエーションが非常に豊富なことでも知られています。

珍しいカラーも含めて全部で14色も用意されており、どの色を選ぶか頭を悩ませるオーナーも多いのです。

%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%a22

新車を購入するとなると、多くのオーナーが他の人とカラーが被るのを嫌がります。
せっかく購入したのに、街中で同じような車ばかり見かけるのは、誰にとっても決して気持ちのいいものではないでしょう。

この点、アクアなら外装のカラーや内装のカラーを組み合わせれば幾通りにもバリエーションがあるため、なかなか全く同じ車を見かけるという事もありません。
このため、オリジナリティやお気に入りのカラーを大事にしたいオーナーにも人気を集めているのです。

アクアのカラーは、ベーシックなスーパーホワイトシルバーメタリックブラックマイカなどの他にもライムホワイトパールクリスタルシャインやディープアメジストマイカメタリック、オレンジパールクリスタルシャインフレッシュグリーンマイカメタリックなど美しく珍しいカラーがいくつも用意されています。
また、イエローレッドブルーなど定番中の定番といったカラーの他、クールソーダメタリックやチェリーパールクリスタルシャイン、ダークバイオレットマイカメタリックなど遊び心も感じられる独特のものもあります。

この中でオーナーが最も選んだ人気カラーは、定番ではなくディープアメジストマイカメタリックとなっています。
ベーシックの無難なものでもなければ奇抜な色でもなく、程よく目立つとともに上品さも兼ね備えたカラーです。
しかも、様々なカラーを持つフレックストーンと組み合わせれば更に自分だけの個性的なカラーを作り上げることもでき、ほぼ他のオーナーと被ることはないと言えます。

自分の好きな色を選ぶもよし、車庫の色や自宅の外壁の色に合わせるもよしで、どのようなカラーにするか存分に頭を悩ませるのもアクアを購入する楽しみと言えます。

アクアの持つ魅力とは

アクアの持つ魅力は、燃費の良さやカラーの豊富さ以外にも様々あります。
例えば、ボディは人気の高い他の車種のデザインを取りこんだスタイリッシュなエクステリアデザインとなっており、コンパクトカーらしからぬスポーティなシルエットを実現しています。

まるで欧州車のような品の良さがあると言われており、低価格なことを感じさせないほど洗練されています。
このデザインは空気抵抗に対しても優れた性能を発揮しており、コンパクトカーとしてはダントツの空気抵抗係数0.28という優秀な数値を維持しています。

また、車体の重量は約1トンと軽量化が進められているのですが、それにもかかわらず135馬力ものエンジンを備えているため加速力も申し分ありません。

購入層は40代から50代のファミリー層が多くなっていますが、そんな中でもスポーツ志向の強いオーナーにも満足感を与えられるクオリティとなっています。

さらに価格面でもメリットが大きく、同社の他の人気ハイブリッドカーと比較すると燃費が良いうえに50万円以上も安くなっています。
もちろんエコカー減税やグリーン税制の対象になるため、自動車取得税や重量税を大きく節約できるのも魅力の一つです。

このように、この車種はデザインや走行、燃費や価格などあらゆる方面において優秀な性能を備えたコンパクトハイブリッドカーであることが人気を継続させていると考えられます。

中古車でも人気。

%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%a23
このように魅力が多く人気の高いアクアなので、新車だけでなく中古車市場でもかなり需要が高くなっています。
発売当初の2011年型の中古車であっても、グレードやカラーによっては170万円近くで取引されるタイプもあります。(2016年9月時点)

もし自分が乗っているアクアを中古車買取り業者に査定してもらう場合はネットなどで相場を確認しておいた方が良いでしょう。

なぜなら、人気が高いために中古市場に流通する台数も多く、年式や走行距離などによってはあまり高値が付かないこともあるためです。

相場がよくわからない場合は、やはり、複数の中古車買取り業者に査定依頼を出し、だいたいの相場を確認し、高く買ってくれる業者がいないかを探すことです。

マイナーチェンジを繰り返しながらも、何年にもわたって非常に高い人気を博しているアクアは、ハイブリッドカーを探している人にはうってつけの車種だと言えます。

これまでコンパクトカーを選択肢に入れてこなかったオーナーも、これを機に検討してみるといいかもしれません。

アクアの中古車一覧

関連記事一覧

関連記事はありません