トヨタ アルファードを購入する前に知っておきたい基礎知識

トヨタのアルファードの魅力

2002年に販売開始されたトヨタが誇る最上位クラスの高級ミニバンが、アルファードです。

アルファード1
それまで高級車として販売されていた車種の後継車として開発され、FF駆動や大きな車体、両側スライドドアなどが標準装備されて人気を博しました。エンジンはV6型の3.5リッターや4型2.5リッターの他、ハイブリッドタイプも用意されていて様々なグレードやオプションを楽しむことができます。

魅力①:高級感

アルファードの最大の魅力は、何といっても外装や内装の高級感にあります。
一般的な高級車と比べても遜色ないほどのクッション性に優れたシートやインパネ周りは、ミニバンとしては考えられない程の高級感に溢れています。
スライドドアはもちろん電動で、荷物で手が塞がっていても全く問題ありません。また、ボディも大きめなので非常に迫力があり、ミニバンにも関わらず存在感を醸し出しています。近年ではアルファードと言えば500万円近くする高級車としてのイメージが定着しており、ステータスの一環として購入する高級趣向の人々に好まれています。

魅力②:走行性能

また、高級感だけでなく走行性能など実用面でも優れたパフォーマンスを発揮してくれます。
トヨタと言えば世界的に有名なほど実力のある自動車企業ですが、そのトヨタが販売する高級車だけあって乗り心地や走行性能にも非常に力を入れています。 特に足回りには特徴があり、シンプルな仕組みながらそれぞれが丁度良いバランスを取り合っており、セッティングがよくかみ合っています。これにより、実際に車を走らせてみるとカーブでも車体が揺れたり、Gが強くなることも少なく、バネ下の重量が軽くされていることもあって舗装されていない道でも安定した走りが可能です。
運転者の技術などに左右されることなく安定した乗り心地が見込めるので、運転に不慣れな人にもおすすめです。

このように、高級感と優れた走行性能を併せ持ったアルファードは幅広い世代に支持されているのには理由があるのです。

グレード・パッケージが多彩

アルファードには非常に多彩なグレードやパッケージがあります。
購入する際の基礎知識として知っておいたほうがいいでしょう。
アルファード2
ベースグレードは350万円ほどの値が付いているSクラスになりますが、ベースとは言え内装はほぼ標準装備で室内は広々としており、インテリアや外装の高級感はハイグレードタイプと遜色ありません。

もし小さな子供がいる家庭なら、電動ドアにうっかり挟まれる事故を防ぐため、各ドアに安全機能が付加されたタイプを選ぶと良いでしょう。

高級車のステータスを重視する場合は、内装素材やインテリアが豪華になり、座席の快適性やデザイン性を向上させたCパッケージやAパッケージがおすすめです。

このタイプはフロントライトにLEDを贅沢に使用するなど、外見も他のグレードとは比較できないほどかっこよくなっています。また、高齢の人や足腰の弱い人を乗せる機会が多い場合は、車いすの乗り降りが可能なサイドリフトアップシートが装着されたタイプも用意されています。その場合、定員が7人となりますが、セカンドシートをドアの外まで降ろすことができるので非常に便利です。

このように、ベースグレードでも様々な特徴や便利な仕様を備えることができるので、選択の幅は非常に多彩です。

また、大きなポイントとしてガソリンタイプがハイブリッドタイプかという選択肢もあります。値段の面で見ると、ガソリンタイプは約383万円でハイブリッドタイプは約416万円になります。
燃費の違いから考えると走行距離が多いほどハイブリッドが得をすることになりますが、ガソリンかハイブリッドかを判定する一つの基準としては、10万km以上走行するかどうかという点が上げられます。
仕事やレジャーなどで使用頻度が高いオーナーの場合はハイブリッドが、購入してから手離すまでに10万km以上乗らない場合はガソリン車の方が購入価格の差額から見るとメリットが大きいと言えます。

いずれのグレードやパッケージを選ぶのかは好みもありますが、それぞれのオーナーの環境や使用頻度によって検討すると良いでしょう。

アルファードは中古も大人気

この車種は高級ミニバンというイメージが強く、中古市場でも高い需要があります。もちろんネームバリューがあるため売却する場合でも高値が付きやすく、型落ちやあまり高くないグレードでも思わぬ値で買い取ってもらえることも多いです。

最近では2015年1月に大幅なフルモデルチェンジが行われ、同年の12月にはマイナーチェンジも行われました。
現在、中古市場に流通しているものは多くが型落ちとなっているのですが、発売当初から維持され続けている高級志向や価格帯のキープによって高級車としての地位は揺らいでいないため、そこまで値崩れは起きていません。
このように資産価値が保ちやすいというのもこの車種を所有するメリットだと言えるでしょう。

ただ、中古で購入しようとする場合、新型に近ければ近いほど値引き交渉にあまり応じてもらえないという難点もあります。
中古で購入する場合のメリットは少しでも安い価格で良いものを買えるという点にありますが、この車種の場合は人気が高いためなかなか販売業者も値引きする必要性がないのです。
トヨタはもともと大ヒットした車種は値引きに応じないという販売戦略を取っているため、中古でも値引きが活発にならない原因になっています。

アルファードの場合はここまでの大ヒットという訳ではないので、今後時間が経てば値引きが行われる可能性もなくはないです。
少しでも早く購入したい場合のであれば、こうした人気車種は常に在庫状況が変化しているはずですので、インターネットで中古車、全国の販売業者が取り扱うアルファードの最新情報をチェックしてみると良いでしょう。
タックスのアルファード専用Facebookページ(https://www.facebook.com/alphard.toyota/)でも常に新しい情報をアップしていますので、参考にしてみてください。
近所の販売店では見つからなくても、ネットで探せば近隣の地域でくまなく探すこともできます。
販売価格も一緒に載せられていることがほとんどです。
気に入ったものに限って、すぐになくなっているなんてことは結構多いので、価格や条件など、気になるものが見つかったら、早めに問い合わせるようにしましょう。

モデルチェンジを待つべき?

新車で購入する場合はモデルチェンジの時期が気になるところですが、最近では2015年の1月に3代目へとモデルチェンジをしています。
マイナーチェンジも12月に済んでおり、この車種のモデルチェンジサイクルは現在のところ約6年となっているので、次世代型の発売はまだまだ先だと予想されています。
仮にすぐモデルチェンジがあったとしても、これほどの高級人気車種の場合は大きな変更点は無いのが普通です。
外装や内装のカラーバリエーションの追加、内装設備の小さな変更やグレードの追加など細々としたものが主になるため、購入時期を控えるほどのポイントにはならないと思います。

最後に

このように、トヨタのアルファードは高いラグジュアリーによってステータスシンボルとしての地位を確立しています。
男性であれば誰でも1度や2度は、いつか高級車を所有したいという夢を抱くものです。
しかし家庭を持てばラグジュアリー感よりも乗り心地や利便性を重視しなければなりませんし、経済的な事情でも購入を躊躇してしまうこともあります。
そんな場合でも、この車種なら比較的手が届きやすい価格でステータスとしての欲求も満たしてくれるのです。さらに多彩なパッケージによって、自分の使いたい機能やオプションをカスタマイズすることがき、高級車でありながら自分だけの個性的な1台を作り上げることもできます。
理想と実用性の両面を兼ね備えた車種とも言えるので、購入を迷っている人も1度見に行ってみると良いでしょう。