自動ブレーキも様々!特徴や車種別に導入自動ブレーキまとめました。

自動ブレーキイメージ近い将来、車の全自動化が実現されると言われます。ブレーキの分野では事故防止を目的とした自動ブレーキシステムの導入が進み、新技術を搭載した車種も続々登場。今後さらなる進化に期待したいところですが、そもそも自動ブレーキにはどのような種類があるのでしょうか? 今回は、メーカーごとに異なる自動ブレーキの種類や、搭載されている車種の特徴、価格情報などをご紹介します。

後で読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

◆自動ブレーキシステムの種類

危険察知と同時にスピード制御などの作動も働く自動ブレーキシステム。そのメカニズムは大きく分けて4タイプがあります。

◎赤外線レーザー方式

赤外線を照射して周辺状況を把握し、危険があれば注意喚起してくれるシステムです。照射できる範囲内の危険性しか認識できず、作動速度も30km以下に限られます。簡易的な機能しかなく、使用範囲も限定的ですが、その分コストが低いというメリットがあります。

◎ミリ波レーダー方式

前方に照射して戻ってきた電波にもとづき、障害物との距離を把握するシステムです。赤外線レーザーより広範囲の状況を検知できます。天候などにも左右されず、高速領域でも安定的にデータ取得可能なことから、欧州車では広く採用されています。

ただし、障害物のサイズや形状など、詳細な方法の識別は苦手で、歩行者の検知も難しいです。

◎カメラ方式


カメラを使い、映像で危険を認識するシステムです。人間の目のように、周辺状況を立体的に把握し、車両から歩行者まであらゆる障害物の検知を可能とします。危険察知の精度は抜群ですが、強い逆光や吹雪、霧などの悪天候に見舞われるとシステムが作動しないおそれもあります。

◎複合方式

「赤外線レーザー」や「ミリ波レーダー」、「カメラ方式」などの自動ブレーキシステムを単体ではなく、複数組み合わせて活用するシステムです。赤外線やミリ波では感知できない歩行者の存在も、カメラの導入で可能となります。それぞれの自動ブレーキが抱えるデメリットを補完し、安全性能を強化する効果があります。

◆メーカー別に見る自動ブレーキシステム

自動ブレーキシステムは取り扱うメーカーによって性能や検知範囲、作動条件が異なります。以下は、国内自動車メーカーが採用する代表的な自動ブレーキのシステムです。

◎トヨタ「セーフティセンス」

トヨタは複合方式による自動ブレーキシステムを採用し、それぞれの足りないところを補って全体の精度をアップさせています。「セーフティセンスC」では、赤外線レーザーとカメラを併用。高速域でも前方障害物の存在を察知します。これとは別にミリ波レーダーとカメラを併用したのが「セーフティセンスP」で、高速域でのブレーキ制御、歩行者検知などが可能です。

◎ホンダ「ホンダセンシング」

ミリ波レーダーとカメラを併用した自動ブレーキシステムです。高速域での作動と、歩行者の検知が可能で、レジェンドやオデッセイなどの比較的グレードの高いタイプの車には車線逸脱を回避する防止機能も付いています。

◎日産「エマージェンシーブレーキ」

通常運転時でも、衝突などの危険があれば自動的に察知してさまざまなリスク回避機能や防御機能を働かせます。衝突後の被害拡大を防ぐバリア機能も搭載。車種やグレードに応じてシステムを使い分けるのが日産の特徴で、軽自動車には、赤外線レーダー、スカイラインなどの上級車にはミリ波レーダーが採用されています。

◎スバル「アイサイト」

自動ブレーキシステムを一早く導入してきたスバルは、ふたつの光学ステレオカメラを駆使したアイサイトでさまざまな危険を予測し、衝突や接触などの事故を未然に防ぎます。歩行者や自転車の検知はもちろん、車線オーバー防止機能や、ふらつき運転での警報装置の発動など、多彩な機能を併せ持つすぐれた安全装置です。

◎スズキ「デュアルカメラブレーキサポート」

スズキは、軽自動車でははじめてとなるふたつのカメラ搭載による緊急自動ブレーキシステムを採用しています。歩行者や車の検知、車線幅の認識など、カメラ情報をもとに自動ブレーキを発動して衝突回避をサポートします。

◆自動ブレーキ搭載の車種を紹介

◎スバル:レヴォーグ

アイサイトver3を搭載するレヴォーグは、国土交通省と自動車事故対策機構が2016年度に行った安全性能評価試験「安全性能予防アセスメント」で最高ランクの「ASV++」を獲得。被害軽減ブレーキ試験や車線はみ出し警報試験、後方視界情報試験などで高く評価された車です。現行モデルに搭載されたアイサイトはver3ですが、2017年夏にはさらに新機能の追加されたver4が登場。マイナーチェンジを果たすレヴォーグにも搭載予定で、さらなる安全性能の向上が期待されます。価格はおよそ277万円~394万円です。

◎ホンダ:オデッセイ

ホンダのオデッセイもまた、2016年度自動車アセスメントの予防安全性能評価で最高ランクの「ASV+」を獲得し、安全性能を高く評価された車です。ミリ波レーダーと単眼カメラを併用した「ホンダセンシング」で、前方を走る車の状況を正確に認識。ブレーキやステアリング動作を状況に合わせ調整し、安全運転をサポートします。また、カメラで駐車レーンを自動認識する「スマートパーキングアシストシステム」で、バック駐車や縦列駐車など緻密なハンドル操作を要する場面でも自動操作でアシストしてくれます。価格はおよそ350万円~400万円となっています。

◎トヨタ:カローラアクシオ

トヨタのカローラアクシオは、「予防安全性能アセスメント」で満点を獲得するほど、衝突回避性能にすぐれた車です。この車にはレーザーと単眼カメラをセットにしたセーフティセンスCを搭載。衝突が予測される状況で警報を発し、回避操作を促します。その際、約30km/hで走行中にブレーキを踏むと、システムのほうでもブレーキ機能を働かせ強力にアシスト。ブレーキを踏むタイミングを逃しても自動ブレーキが時速10㎞~80㎞の範囲内で作動。約30㎞/hまで減速します。このトヨタカローラエクシオの販売価格はおよそ180万円~240万円です。

◎日産:スカイライン

ドライビング性能にすぐれた日産のスカイラインは、安心の高速走行を支えるすぐれた安全機能が搭載されています。「エマージェンシーブレーキ」と「LDP(車線逸脱防止支援システム)/LDW(車線逸脱警報)」)」の2本立てで安全運転を強力にバックアップ。前方車両に対しては、新型のミリ波レーダーで前方状況を詳細に把握します。2台前を走る車両間隔を感知し、減速の必要性に応じて警報装置を発動。ディスプレイ表示とブザーによって注意喚起します。

後方車両には、日本初の導入となるBCI機能(後退時衝突防止支援システム)が生きてきます。後ろに通過車両が現れれば、車両後部に設置されたサイドセンサーとソナーがその存在を知らせ、ディスプレイ表示とブザーで警報を発します。接近車両を知らせるすぐれた機能により、危機察知が難しい状況でも衝突回避を支援してくれます。スカイラインの車両本体価格は、およそ400万円~500万円です。

◎スズキ:スペーシア

2016年度に予防安全性能評価で最高ランクを獲得したスズキ・スペーシアには、衝突被害軽減システムの「デュアルカメラブレーキサポート」が搭載されています。このシステムでは、ふたつのカメラによる危険感知で、人と車、両方の事故リスクを軽減できます。ステレオカメラが雨天時にも作動するよう、カメラの位置をワイパー作動域に設置。著しい悪天候でもない限り、天候に左右されることはありません。

衝突の可能性を知らせる装置は、危険度に応じて異なります。衝突の危険度が高まると、ブザーやディスプレイ表示での警報に加え、ブレーキ作動で衝突回避運転をサポート。ドライバーがかけたブレーキの力をさらに高めるブレーキアシスト機能もあり、状況に合わせもっとも適した機能が作動するシステムです。

◆あくまで安全運転をサポートするシステム

自動ブレーキはすぐれた機能ですが、100%事故を防ぐ万能システムではありません。あくまで衝突リスクを軽減する目的の機能ですので、自動ブレーキがあるからと言って油断せず、常に安全運転を心がけましょう。

後で読む
このエントリーをはてなブックマークに追加