2018年注目!中古車おすすめ車種特集

時代が変われば、人々の車に対するニーズも変わり、人気車も移り変わっていきます。
中古自動車市場の動向やランキングサイトに目を配れば、今一番ホットな車種がどれかが見えてくるでしょう。
2018年も、中古車市場の動きに目が離せません。
今回は、さまざまなランキングサイトを参考に人気の高い車種をピックアップ。
それぞれ人気の理由をご紹介してきます。

後で読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

持ちやすさから人気「軽自動車」

小回りが利いて、運転のしやすさに定評がある軽自動車。
狭い道路が多い国内事情もあり、多くのメーカーが軽自動車の開発にしのぎを削っています。

軽自動車が人気の理由

ワゴンR
軽自動車のメリットと言えば、コストパフォーマンスの良さ。
※画像はワゴンR スティングレイ

エンジンがコンパクトな分、セダンやミニバンより燃費の良い車種として知られます。
さらに税金や保険料、車検代も安く、コンパクトカーや普通車と比較すれば維持費を低く抑えられる点が大きな魅力です。

軽でありながら、乗り心地や車内の快適性にすぐれ、種類によってはコンパクトカーより車内サイズが広いタイプも。

また、走行性能を重視したターボ搭載タイプや、横滑り防止装置、ABS機能など安全性能の高いものも少なくありません。
軽自動車の人気の高まりを受け、ここ数年は多機能化と性能のアップが進んでいる傾向です。

どんな軽自動車が人気?

中古車市場において、主に人気の高いのが、ホンダ「NBOX」やダイハツ「タント」、スズキ「ワゴンR」などです。
ワゴンR FX
※画像はワゴンR FX

N-BOXの魅力は、高い機動性で快適な車内空間を確保できるところ。
燃料タンクのない設計構造で、低い荷室と高い天井を実現しています。
ワンアクションで席のスライドや折り畳みができる点も便利で、自転車なども楽に積み込めます。

「ワゴンR」も、毎回ランキング上位に挙げられる人気軽自動車。
軽量ボディで加速性も高く、緊急自動ブレーキなどの安全性能も充実しています。
タント カスタム
※画像はタントカスタム

またタントは、センターピラーを取り除いた「ミラクルオープンドア」で横から大型サイズの荷物が積める利便性の高さが高く評価されています。

これらの定番のほかにも、スズキの「ハスラー」「ジムニー」など、オフロード用として最適の軽自動車も人気があります。

ファミリー層から圧倒的な支持「ミニバン」

ファミリー層からの支持が高いのが、多機能性にすぐれたミニバンです。

ミニバンの特徴

ミニバンの種類は、「ハイルーフ系」「ロールーフ系」「スモール系」の3つがあります。
「ハイルーフ系」は全高が1700mm以上と3タイプのなかでもっとも高いのが特徴で、安定した走行、かつ実用性や快適性にすぐれたミニバンとして知られます。
代表的な車種には、トヨタ「ノア」や日産「エルグランド」などがあります。

「ロールーフ系」は、サイズ的にはセダンやステーションワゴンに近いタイプ。
軽いステアリングで運転もしやすいのが特徴です。
代表的な車種にはトヨタ「プリウス」、マツダ「プレマシー」などがあります。

「スモール系」は、ボディサイズがコンパクトカーとほぼ変わりません。
排気量が小さいため燃費性能も良く、経済性の高さには定評があります。
代表的な車種にはホンダ「フリード」トヨタ「シエンタ」などがあります。

気になる人気のミニバン

中古車でおすすめのミニバンと言えば、定番のトヨタ「ヴォクシー」や「ノア」、日産「セレナ」。
ヴォクシー
※画像はヴォクシー

これらは相変わらずの人気ですが、最近では高級志向の「アルファード」「ヴェルファイア」なども注目を集めています。

ヴォクシーは運転性能、車内空間の快適性、乗り降りしやすい床設計など、あらゆる面でレベルの高いミニバンです。
ガソリン車とハイブリッド車があり、走りやすさを選ぶなら前者を、燃費性能を選ぶなら後者というふうに、ニーズに合わせて選べるのも魅力です。
またセレナは、ハンドル操作をアシストしてくれる自動運転支援技術が搭載されており、運転初心者の方でも安心です。
ヴェルファイア
※画像はヴェルファイア

アルファードは、高級車さながらの豪華なインテリアが魅力のミニバン。
そのうえ、高級セダンなみの安定したハンドリング性能と高いレベルの走り心地も堪能できます。
ヴェルファイアはアルファードの兄弟車で、同じく高級感がセールスポイント。
静粛性や上質なインテリアはもちろん、自由自在にシートアレンジができる高い機能性も見逃せません。

どんな道でも安心「SUV」

SUVとは、「スポーツ・ユーティリティ・ビークル」のこと。
オフロード対応の設計ながら、一般道でも問題なしの走り心地が体感できる車種として人気を集めています。

SUVが人気の理由

CH-R
※画像はCH-R

がっちりとしたフォルムに、一際大きなタイヤ。
視界の広さを確保する車高。
そして、雪道やオフロードなどの悪路でもパワフルな走行を可能とするドライビング性能が、SUVの大きな特徴です。
レジャー車の代表格としてそのポジションを維持してきましたが、ここ最近ではオシャレ感を好む若者や女性をターゲットとしてか、デザイン性の高いタイプも売り出されています。

多種多様なタイプがそろうSUV車のなかでも、ランキング上位に名を連ねるのは、トヨタ「ハリアー」「CH-R」、ホンダ「ヴェゼル」、日産「エクストレイル」などです。
昨今の傾向として、国産車だけでなく輸入車の人気も高まってきています。

クロスオーバータイプが人気

エクストレイル
※画像はエクストレイル
昨今の動向として、SUV市場で高い支持を得ているのが、クロスオーバー仕様のSUV。
基本的な構造は一般乗用車と同じながら、クロスカントリーなみの安定走行と力強いドライビングを可能とするそのハイパフォーマンスぶりには目を見張るものがあります。

クロスオーバーと呼ばれるSUV車が90年代に誕生して以来、さまざまな発展を遂げてきました。
今では走行性能重視の本格タイプから、スタイリッシュで快適性も求めた都市型タイプ、あるいはその両方の魅力をミックスさせた中間タイプまで、豊富なラインナップです。
幅広いニーズに対応できる多様性の高さも、クロスオーバーSUVが選ばれる理由でしょう。

シンプルで利便性が高い「コンパクトカー」

コンパクトカーと言えば、経済性にすぐれ、小回りも利いて運転しやすいところが人気の車種です。

コンパクトカーが人気の理由

税金などのコスト面では軽自動車に劣るものの、サイズがあり5人まで乗車可能。
馬力や加速の違いで得られるドライブ感でも差が見られます。
一般車と比べるとサイズは決して大きいとは言えませんが、荷物の収容や出し入れを楽に行える性能が充実しており、利便性の高さは折り紙付きです。
また、バックドアを持っているタイプのコンパクトカーはハッチバックと呼ばれ、後席を倒して広い荷室を確保できるなど、実用性にすぐれています。

中古車市場ではフィットとアクアが人気

コンパクトカーの中古車市場で人気を誇るのが、トヨタ「アクア」とホンダ「フィット」です。

2011年の登場以来、トヨタ・ハイブリッドの代名詞的存在であるアクア。
ハイブリッドでありながら、軽量かつ安定性にすぐれたところが魅力です。
発売から大きなフルモデルチェンジもなく、高い人気を誇っています。

コンパクトカーでありながら、ホンダらしい“走り”を追求したフィットも、中古車市場で高い評価を受けています。
足回り設計を工夫して高い機動性を確保しながら、高い出力特性でスポーティな乗り心地を体感できる贅沢感。
デザインは好みが分かれるものの、走行性能とコストのバランスを重視するならフィットはおすすめです。

根強い人気「セダン」

クラウン
※画像はクラウン
王道中の王道であるセダン。
高級サルーンから、大衆受けしやすいすいスタンダードなタイプ、あるいは走りを重視したスポーツタイプまで、種類も豊富です。

トヨタのプリウスやクラウンは不動の人気

高級セダンの代表メーカーと言えば、国内ではトヨタでしょう。
そのトヨタから販売されてきた「プリウス」「クラウン」はいずれも中古車市場で人気の高い車です。
プリウス
※画像はプリウス

売り出された頃は「近未来的」とまで表されたプリウスのデザインも、今ではおなじみ。
初登場から20年経った今でも高い販売記録を誇っています。

歴史と伝統を持つクラウンも、アスリートやロイヤル、マジェスタなど個性豊かなタイプをそろえ、いずれも根強い人気を誇ります。
最近ではハイブリッドタイプも登場し、燃費性能の高さも新たな魅力として加わりました。
トヨタのセダン車は海外でも高評価で、それが国内の中古車相場にも影響を与えています。

まとめ

高値で取引されている車種ほど、高い人気を誇り、高い性能と独自の魅力を備えています。
中古車市場のランキングで不動の上位車もあれば、ここ数年で台頭してきたニューカマーもあり、ニーズが多様化している一面も垣間見られます。
車をお探しの方は、今回ご紹介した情報を参考にして、長く付き合っていける“暮らしのパートナー”をぜひ見つけてください。

後で読む
このエントリーをはてなブックマークに追加