中古車の専門企業タックス

TOTAL AUTOMOBILE EXCELLENCE TAX

残価設定クレジット(残クレ)と残価設定リースについて

お店を選ぶ

メーカー別で選ぶ

月々の支払額で選ぶ

お知らせ

カーリースについて
もっと知りたい!

最新カーリース


TOP > 記事一覧 > 【保存版】残価設定クレジット(残クレ)と残価設定リースを解説

【保存版】残価設定クレジット(残クレ)と残価設定リースを解説

残価設定クレジット(残クレ)とは、車両を一定期間(通常は3~5年)乗った後の買取価格(残価)をあらかじめ差し引く形で車が購入できるサービスのことを言います。

差し引いた分のお金はローンとして支払っていくことになります。メーカーによって残価設定型ローンと呼ぶ場合もありますが、内容は残価設定クレジットと同じです。少しわかりづらいかもしれませんので具体的に説明していきましょう。

※ここにある残価設定のクレジットやリースは、一般的な例について書かれております。各種クレジット、各種リースにより細かな規約は異なります。

後で読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

残価設定クレジット

たとえば400万円の車を新たに購入するとします。

これを残クレで購入するという場合は、その車の3~5年後の買取価格(3年後であれば大体40~50%の150万)があらかじめ300万から差し引かれて150万で車を購入できる(ローンを組む)ということになります。

その150万をクレジットで数十回に分けて支払います。何年でローンを組むかは自分で選択することができます。クレトジット会社によって異なりますが大体3年から5年のローンが一般的です。

 

ローン期間が終了すると最終支払日と同時に車両をどうするかの選択を行います。

選択肢は

  1. 「ディーラーに車を返却する」
  2. 「新車に乗り換える」
  3. 「残りの代金(残価)を一括ですべて支払って買い取る」
  4. 「残りの代金(残価)で新たにローンを組んで買い取る」

 

の4つになります。

 

残価設定リース

よく似たシステムに「残価設定リース」というものもあります。

残価設定リースは貸し出し元の会社が顧客に期間を決めて車の貸し出しを行うサービスです。貸し出し期間は3年から5年が一般的です。残価設定クレジットと同様にその車の3~5年後の買取価格をあらかじめ購入額から差し引いた形で支払うことができます。

 

つまり貸し出し版の残価設定クレジットと言ってもいいでしょう。

契約終了時の選択肢としてはリース契約の内容にもよりますが

  1. 「車を貸し出し元の会社に返却する」
  2. 「再リースを組んで乗り続ける」
  3. 「車種を入れ替えて乗る」
  4. 「残価を支払って買い取る」

の4つです。

どちらであれ、新車をそのまま購入するよりもはるかに軽い負担で乗れるので、残クレやリースを効果的に活用して人気車や高級車に乗る人も増えてきています。

 

 

ローンとリースの大きな違い

双方の違いについて詳しく見ていきましょう。

車種の選択

まず、新車を購入する際に「どの車種を選ぶか」が重要になりますが、この点について残クレとリースでは大きな違いが出てきます。

残クレの場合は経済状況なども加味して購入したい車を選ぶことになるので車種の選択肢は限られてきます。また、残クレに対応していない車種も多くあるので購入したい車種が取り扱われていないという場合もあります。

これに比べるとリースの場合、取り扱われている車種の種類は非常に多く、自分が乗りたいものを豊富な選択肢の中から自由に選ぶことができます。

残クレよりも選べる車種が広範囲なので「どうしてもこの人気車に乗りたい」という希望がある方はリースのほうがいいでしょう。ただ、近年は残クレ対象の車種も増加傾向にあります。どの車種で契約可能かは各車販売店で確認してみてください。

支払い額

次に支払い額での違いを見ていきます。

残価設定クレジットで車を購入する場合、最初の契約時に頭金が必要になることがあります。審査が通れば頭金ゼロで契約できることもありますが、そうならない場合は頭金が必要です。リースでは頭金を支払う必要はありません。

この点は重要な違いです。審査が通らず頭金を支払うことになったけど経済的にちょっと厳しいという方もいると思います。そういう場合はリースで契約したほうがお得になります。

ただ、「将来的には車を買い取りたい」という方もいるでしょうから、各車販売店において頭金が必要なのかどうか、頭金ゼロのプランが実施されているかどうかをチェックしてみましょう。

購入時にかかる諸費用についても違いが出てきます。

残価設定クレジットでは登録費用、車検費用、各種税金、自賠責保険料、メンテナンス費用などは自腹で支払うのが基本です。

車販売会社によってはこうした諸費用を含めたプランを実施するところも出てきていますが、やはりまだ少ないのが現状です。残価設定リースではこれらの諸費用はすべて代金(契約代金)に含まれているので支払う必要はありません

面倒な各種支払いがなく、ガソリン代のみで確実に乗れるという点ではコスト的に残価設定リースのほうがお得ということになります。残クレの場合、諸費用(ランニングコスト)が含まれたプランが実施されているか否かを各販売点で事前にチェックすることが大切です。

売買契約

売買契約についての違いも見ていきましょう。

残価設定クレジットでは車を売り出す車販売店(ディーラー)と購入する顧客との間でローン契約を結びます。契約時(契約進行時)の車の所有者は車販売店にあり、顧客は使用者ということになります。契約終了時にすべての金額を支払い終わって初めて所有権が顧客へ移ります。

車販売店では基本的にリースは行わずローンで契約を行います。また、車販売店は個人だけでなく法人とも売買契約を結びます。残価設定リースでは貸し出し元の会社が車販売店(ディーラー)から車を購入し、その車を顧客に貸し出すという形になります。売買契約そのものは車販売店と貸し出し元の会社の間で行われ、貸し出し元の会社と顧客との間では貸し出し契約が結ばれます。あくまで貸し出し元の会社からの貸し出し・レンタルなので所有権は貸し出し元の会社にあります。

 

残価の設定方法

最後に残価の設定方法の違いを見ていきます。

残価設定クレジットでは基本的に車種によって(車種の人気によって)残価が変わってきます。残価設定リースでは車種の他に月間の走行距離によって残価が決まってきます。つまり残クレでは走行距離を気にすることなく乗れる一方、リースでは走行距離が増えれば増えるほど料金が高くなります。遠出が多い人や走行距離が多めの人ほど残価設定リースは不向きと言えるでしょう。

 

 

メリット・デメリット

残価設定クレジット

残価設定クレジットの一番のメリットは「月々の支払いが少なくなる」ということです。通常のローンで新車を購入すると当然それだけの料金を毎月支払わなければなりません。しかし残クレであればあらかじめ残価を差し引いた分の料金でローンが組めるので月々の支払い額も少なくなります。

たとえば300万円(残価150万)の車を金利5%で3年ローンを組む場合、通常ローンの月額の支払金額は約90,000円、残価設定ローンでは約52,000円となります。

残クレは「契約終了時の選択肢が広い」というメリットもあります。先述したように、車を返却する、新車に乗り換える、残りの代金(残価)を支払って買い取る、新たにローンを組んで買い取る、の4つの選択肢があり、自分のライフスタイルに合わせて適切なものを選ぶことができます。月々の支払いを安価に抑えつつ、3~5年ごとに新車に乗り換えることができるのは魅力的です。

買取価格が保証されているという点も残クレのメリットです。通常、中古車市場では相場が変動しているので買取価格も増減するものですが、残クレは最初から残価が決まっているので相場変動の影響を受けません。そのため最初の契約時の金額でそのまま支払いをすることができます。

残クレのデメリットとしては「車の状態によってペナルティーが生じる」ということが挙げられます。つまり使用者によって車体に傷がついたり、凹みができたり、改造してしまった場合、ペナルティーとして買取価格が減額になります。また、契約時に「走行距離が~km以内」という取り決めがあるケースもあり、その走行距離を超えてしまうと追加料金が発生してしまいます。

残価設定リース

残価設定リースの最大のメリットはやはり車検や点検などのメンテナンス費用だけでなく、自動車税などの諸費用もすべて代金に含まれており納税の手間も省けます。

また、貸し出し元の会社は同じモデルの車を大量に車販売店から購入することが多いので、そのモデル車の値引きが頻繁に発生します。残クレとは違い人気モデルや高級モデルの車両を選択することができますので「今までとは違うワンランク上の車に乗りたい」という方にとって魅力的なサービスと言えるでしょう。何かトラブルや事故が起こっても電話一本で駆けつけてくれるので高齢者の方の利用には大変向いていると言えます。

残価設定リースのデメリットは「リース車なので車体の事故」に注意しなければならないという点です。もし車体に傷や凹みが付いた場合、または車内を異常に汚してしまった場合、契約内容に沿って違約金が発生します。

万が一、大きな事故にでもなった場合(廃車になるような大事故の場合)それ相応の高額な違約金を払わなければいけなくなってしまいます。このような違約金の怖さがあるので、日々の車の運転も慎重にならざるを得ませんし、神経をすり減らしながらのカーライフになってしまいます。これは大きなデメリットと言えます。

こちらのプランでも契約時に走行距離が決まっているので、走行距離を超過しないように注意を払う必要も出てきます。こちらも超過すれば違約金(追加料金)が発生します。

 

 

どんな人におすすめ?

双方のプランがどんな人に向いているのか、どんな人におすすめなのかを見ていきましょう。

残クレ

残クレは月々の支払い額を少なくしたいという方におすすめなのは言うまでもありませんが、ほかにも

  1. 「日々の走行距離が長めの人」
  2. 「車のカスタマイズに関心がない人」
  3. 「2~3年だけ車が必要になった人」
  4. 「家庭環境の変化に合わせて車を買い換えたい人」

などに向いています。

残クレは車種で残価が決まるので、基本的に走行距離は気にすることなく車に乗ることができます。また、車のカスタマイズや改造に関心がない人ほど向いているとも言えます。仕事環境の変化などで2~3年だけ車が必要になったという場合も活用できるでしょう。

「子供の数が増えたので大きめの車が必要になった」「子供たちが成長してみな独り立ちしたので今度は小さめの車にしたい」といった家庭環境の変化に応じて残クレを利用するのも一つの手です。契約終了時に車を返却するか、または買い取るか、再ローンを組むか、などはその時の状況によって慎重に見極めましょう。

残価設定リース

残価設定リースは

  1. 「税金や保険などの出費をまとめて一律で支払いたい人」
  2. 「車検やメンテナンス費用を支払いたくない人」

など、車の管理が面倒だと感じている人に向いています。

車両に関わる税金や保険料、車検代がすべて契約金に含まれているのでこれら諸費用の面倒な支払いが一切必要ありません。
「いつも人気モデルに乗っていたい」「3~5年ですぐに乗り換えて常に新車で運転したい」という人にも向いています。この場合、車検ごとに車を乗りかえるという選択肢もできますし、乗り換え手続きもすべて貸し出し元の会社がやってくれるので非常に楽です。

ただ、決して自分の車にはならない(所有者にはならない)ので車のカスタマイズや改造が好きなカーマニアには向きません。また、走行距離が極端に長い人も追加料金が発生しやすいので向かないでしょう。

なお、個人ではなく法人で残価設定リースのサービスを受ける場合、「税金や保険などの諸費用を経費扱いにできる」「財務諸表を健全化し明確にできる」「車に対するコストを把握しやすい」「車のメンテナンスも社内で対応する必要がない」「車入れ替えの手間がかからない」といったメリットもあり、法人でも有効活用している会社が多々存在します。

後で読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


 


最新車種一覧

投稿日:2017.12.16 |category : カーリース車種 |トヨタ ヴォクシー 20,000円台~ 【楽々定額カーリース】 トヨタ ヴォクシーZSもコミコミ定額!

このカテゴリーは各国産メーカーからも同じタイプのものが発売されているので、かなり競争が激しいことが予想されますが、そのためでしょうかね。ノア、ヴォクシー、エスク...more

投稿日:2017.12.16 |category : カーリース車種 |トヨタ トヨタ アルファード 30,000円台~ 【楽々定額カーリース】 トヨタ アルファードもコミコミ定額!

デビューが2002年ですから早いもので誕生から15年以上も経つんですね。意外と長いんだなーっていう感想は、たぶんヴェルファイアと混ざっているのかもしれません。順...more

投稿日:2017.07.1 |category : カーリース車種 |honda フィット 10,000円台~ 【楽々定額カーリース】 ホンダFITが待望のモデルチェンジ!!

初代のデビューが2001年ですから、むちゃくちゃ古くからの歴史がある車っていうわけではないんですけどね。デビュー以来、トヨタのヴィッツや日産マーチと並んで売れ続...more

投稿日:2017.05.17 |category : カーリース車種 |ダイハツ ミライース 8,000円台~ 【楽々定額カーリース】待望の新型ミライースが何と定額8千円!!!

2011年に初代ミライースが発売されたときは、ある意味けっこう衝撃的でした。世の中がプリウスなど、いわゆる「ハイブリッド」の車ばかりに目を向けて、エコカーといえ...more

投稿日:2017.02.9 |category : カーリース車種 |スズキ ワゴンR 10,000円台~ 【楽々定額カーリース】新型ワゴンRのハイブリッドモデルも定額1万円!

2003年にダイハツからタントが発売された頃から、少しずつスライド付きの軽ワゴンに人気が傾いていますが、まだまだ「軽自動車といえばワゴンR」というような感覚の人...more