中古車の専門企業タックス

TOTAL AUTOMOBILE EXCELLENCE TAX

新車乗るなら購入と車リースどっちを選ぶ?メリット・デメリットを徹底比較。

お店を選ぶ

メーカー別で選ぶ

月々の支払額で選ぶ

お知らせ

カーリースについて
もっと知りたい!

最新カーリース


TOP > 記事一覧 > 新車乗るなら購入と車リースどっちを選ぶ?メリット・デメリットを徹底比較。

新車乗るなら購入と車リースどっちを選ぶ?メリット・デメリットを徹底比較。

最近よく耳にするようになって、割と当たり前のようになってきている車リース。
以前と比べても普及してきているとはいっても、まだまだ知られていない存在なのではないでしょうか。

契約書

実際に私の周りでもまだ利用している人がいないように思います。
でも、車リースの仕組みを知ってしまえば、

車を新しく買うよりもしかしたら車リースの方がお得なんじゃないの?

と思われる人ももっと沢山出てくるのでないでしょうか。

 

後で読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

以前は法人向けが多かった

カーリースイメージ
車リースと言えば、

以前は個人ユーザーというよりも個人事業主や法人向けの利用が一般的でした。

理由としては、新車を購入すると毎月のローンに加えて車検やメンテナンス費用が必要になり、更に万が一の故障の時には当然修理代金も必要になります。

急な出費が必要となるというのは経営者にとって、毎月の運営費が非常に読みにくいのです。

それに経営の傍らで、車両の法定整備や車検、税金面など管理も大変になってきます。

 

その点、カーリースだと支払いは毎月のリース料だけで済みますし、会計処理も比較的簡単に済みます。

面倒な車両管理もリース会社に任せておけば全て代わりに行ってくれます。

 

また、いつもキレイな車に乗ることになるので、営業先や取引先にも好印象を与えます。

 

そうした理由から、今までは法人向けの利用が一般的でした。

 

最近ではこの手軽さが一般のユーザーの方にも注目を浴びて、車リースの需要が急激に増えてきています。

そこで、まずは皆様に車リースとはどのような仕組みなのか、という事について、今までのように車を買う場合と比較しながらご紹介をしていきたいと思います。

 

車リースの仕組みを知ろう

とにかく、始めは仕組みを知ることから始めましょう。
 
仕組みを知ることができれば、車リースの良さが理解できます。

  

そもそも車リースとは、
車を借りて使うということです。

ですから所有者はリース会社の名義になります。

車検証の所有者の欄にはリース会社名義がはいり、使用者の欄にユーザーの名前が記載されます。

リース会社

リース会社側が自動車販売会社から直接お金を出して車を購入し、
その車のリースの利用者(ユーザー)が毎月のリース料を払っていく、

という仕組みです。

実際には、リース会社がサービスを提供するのではなく、リース会社と提携している自動車販売店が代理店となって、借りる期間やサービスのプランを組み立てて、サービスを提供するのが一般的です。

ユーザは、自動車販売店と相談し自分にあった使い方を選んでいきます。

 

ユーザーは自動車販売店と話をするので一見して車を買うのと同じように思えますが、実際に使用すると、それはまるでレンタカーを長期間借りているような感覚に近いものがあります。

というのも、車リースは車検やメンテナンス費用、税金、自動車保険を毎月のリース料に組み込むことができるので、その場合リース料以外にかかる費用はガソリン代程度になります。

気になるリース料に関しては、以下のようになっているのが一般的です。

(車両価格)-(契約満了時の車両残存価値)※予想売却価格

車両価格から契約満了時の残存価値を引いた金額が元になるので、場合によってはローンを組むより支払額を抑えることも可能です。

 

また、別の記事でも書いていますが、残価設定の条件については必ず確認しましょう。

 

それぞれメリットを比較

 

時期 新車購入のメリット 車リースのメリット
導入時 選択肢が豊富 リース料があれば高額な頭金は必要なし
使用時 好きな様にカスタマイズすることが出来る 税金・車検などの面倒なことは必要なし
万が一の事故も一括で一任出来る
急な出費が必要ないので月々の支払が一定
リース会社(販売会社)がメンテナンスするので個人より安心
契約終了時 自分の所有物になる
ローンを払い終わっても自分の元に車両が残る
手軽に新車を乗り継ぐことが出来る

長い距離を乗る方や、長く使用したい方、自分好みに車をカスタマイズしたい方にとっては、新車を購入する方がオススメと言えます。

一方で急な出費を抑えたい方や、車検やメンテナンス、自動車保険など、面倒なことはできるだけプロにお任せして手軽に車を使い方にとっては、車リースの方がオススメと言えます。

 

それぞれのデメリットを比較

 

No 新車購入のデメリット 車リースのデメリット
導入時 始めに高額の頭金が必要
使用時 最初の数年は保証があるが、それ以降の修理にはお金が必要
ある程度同じ車に乗り続けないといけない
車検やメンテナンスも個人で行って、急な費用も必要
大きな事故を起こしてしまった場合、途中で残金、残リース料支払うことがある
途中で解約した場合、解約金が発生する
自分の所有物ではない
契約終了時 カスタマイズしていたら、乗り換え時には元に戻さないといけない
契約満了後は自分の所有物ではないので、車を返却する(場合がある)

新車購入のデメリットは何といっても、まとまったお金が最初に必要になることです。

急に買い換えたいと思っても、一定額払い終わるまでは金銭的な負担が大きくなる場合があります。

新車購入にはメーカー保証も付いていますが、車を安心して乗る為には定期的点検整備や車検も受けないといけない上に、保証を延長する場合は再度お金も必要になってきます。

要は新車購入の場合は、急な出費が発生することが多いというのが上げられます。

反面、車リースに関しては、契約の内容によってそういった急な出費の分を月々のリース料に組み込むことができます。

契約満了した段階については、車を借りる契約になっているため、リース会社に返却するのが通例ですが、契約内容によっては満了後ユーザーがその車を買い取って乗り続けたり、販売店に売却して新しい車を新たにリースしたりすることもできます。

 

 

まとめ

車リースの簡単な特徴と、それぞれのメリット・デメリットを上げて比較させて頂きましたがいかがでしょうか?

 

一番大事なのは、その人に合ったライフスタイルや価値観だと言えます。

例えば、リースという言葉に抵抗のある人もいるでしょうし、逆にリースであっても、数年単位で常に新しいものを乗りたいという人もいます。

「何年か先は、引っ越す可能性があるから車が必要なくなっているかもしれない」という場合や「車のカスタマイズにはこだわっていない」といった場合は、車リースも含めて吟味してみるのもいいかもしれませんね。

 

後で読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


  

タックスカーリース対応店舗一覧

タックスの各加盟店でもスーパープラン(新車が低価格でリースできるプラン)を提供しています。
詳細を知りたい方は各店舗へご相談ください。
 
店舗を選んでお問合せ


最新車種一覧

投稿日:2018.01.15 |category : カーリース車種 |スズキ XBEE(クロスビー) 10,000円台~ 【楽々定額カーリース】 スズキ クロスビー(XBEE)がコミコミ定額!

大ヒットとなったスズキの軽自動車「ハスラー」の小型車版です。発売前はハスラープラスとか何かしらハスラーという車名と関連付けた名前になると思っていたのですが、まっ...more

投稿日:2018.01.12 |category : カーリース車種 |ホンダ ステップワゴン 20,000円台~ 【楽々定額カーリース】 ホンダ ステップワゴンSPADAもコミコミ定額!

いわゆるミニバンというカテゴリーで考えると、かなり歴史のある車ですね。デビューから20年を超え、しかもその20年間の実績も大成功を続けている大人気車でもあります...more

投稿日:2017.12.16 |category : カーリース車種 |トヨタ ヴォクシー 20,000円台~ 【楽々定額カーリース】 トヨタ ヴォクシーZSもコミコミ定額!

このカテゴリーは各国産メーカーからも同じタイプのものが発売されているので、かなり競争が激しいことが予想されますが、そのためでしょうかね。ノア、ヴォクシー、エスク...more

投稿日:2017.12.16 |category : カーリース車種 |トヨタ トヨタ アルファード 30,000円台~ 【楽々定額カーリース】 トヨタ アルファードもコミコミ定額!

デビューが2002年ですから早いもので誕生から15年以上も経つんですね。意外と長いんだなーっていう感想は、たぶんヴェルファイアと混ざっているのかもしれません。順...more

投稿日:2017.07.1 |category : カーリース車種 |honda フィット 10,000円台~ 【楽々定額カーリース】 ホンダFITが待望のモデルチェンジ!!

初代のデビューが2001年ですから、むちゃくちゃ古くからの歴史がある車っていうわけではないんですけどね。デビュー以来、トヨタのヴィッツや日産マーチと並んで売れ続...more