100% 電気自動車。日産リーフは本当に使いやすいのか。


環境問題への意識の高まりに比例し、環境への影響が配慮された自動車を選択される方は増加傾向にあるようです。

電気とガソリン、2種類の動力源を持つハイブリットカーは、環境への配慮が十分にされた自動車の先駆けとして登場し、現在ではご存じのように広く普及しています。

一方で、電力のみを動力源とする自動車は、登場当初はその値段も高く、なかなか一般層には普及しておりませんが、「日産リーフ」の登場により、その状況は以前と違ってきています。

そこで今回は、この「日産リーフ」について、その特徴や購入することで得られるメリットなどを紹介していきたいと思います。

●下がりつつある価格

100%電気自動車の場合、その存在自体が普及しきっていないことから、様々な理由で手が出しづらいと感じている方も多いようです。
そんな理由の中でも最も多いのが価格です。
電気自動車というだけで、そのシステムには最新のものが使用されており、結果的に価格も高くなると考えてしまうことは言わば必然的とも言えるかもしれません。
実際に日産リーフの場合も発売当時からその価格は比較的高く、現在でも新車は300万円~400万円の価格帯になっています。

しかしながら、登場から一定の期間が経過した現在では中古価格は徐々に安くなってきております。
参考:TAXの日産リーフの中古車一覧
走行距離や製造年などによっては、60万円~70万円程度の物も登場してきていますので、決して手の届かない範囲の車種ではありません。
このような理由から近年では中古車マーケットにおける日産リーフの人気は急上昇しており、大きな盛り上がりを見せています。

●充電スポットも増加


100%電気自動車に関する知識があまりないと言う方の中には、このようなタイプの自動車があまり普及していないことで、充電をする為のスポットが少ないと思ってしまい、購入に踏み切れないという方も多いようです。

実際に日産リーフのような100%電気自動車が登場した当初は、メーカーの販売所などを始めとした少数の充電スポットしか存在せず、日常生活で充電をすること自体が難しかっただけでなく、うっかり充電をし忘れてしまい、残りわずかとなった時に気づいたが周辺に充電スポットがなくどうすることもできなくなってしまうと言うケースもあったようです。

しかしながら昨今では、全国に1,800以上ある日産の販売店だけでなく、ショッピングモールなどの商業施設やコンビニの駐車場でも充電が可能となっており、日常生活でも気軽に充電が行えるようになってきています。
また、高速道路のパーキングエリアや道の駅などの充電設備も次第に増えており、長距離のドライブで土地勘のない場所へ訪れた際にも気軽に充電を行えるようになっています。
特に全国に1,100以上存在する道の駅には、政府が充電設備を順次設置していくことを発表しており、今後もより快適に電気自動車を使用できる環境が整備されていくと言えるでしょう。

●安価な自動車税、自治体によるサポートもあり

自動車を所有している方にとっては、自動車を所有する上で自動車税の支払いを煩わしく感じている方も多いことでしょう。

以前、車に関する税金についての記事でも解説しましたが、自動車を購入する際には、どれくらいの自動車税がかかるのかあらかじめシミュレーションをしておく必要があります。

既にご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、自動車税は自動車の排気量によってその値段が決められ、また、自家用か事業用かによってもその価格は前後します。
一般的なガソリン車で乗用車の場合、その多くは1,500cc~2,000ccに該当し、それに応じた自動車税が課せられます。

この点において日産リーフの場合は、100%電気を動力とする為、その排気量は自動車税を決めるランクの中でも最も下位の1,000cc未満に該当します。
その為、自家用車として日産リーフを使用した場合の自動車税は、年間で29,500円となり、一般的な1,500cc~2,000ccの乗用車を自家用車として利用した場合の自動車税39,500円に比べ、1万円も削減することができます。

また、日産リーフはエコカー減税の対象車であると言う点も忘れてはいけません。
参考:エコカー減税いつまで?押さえておきたい平成30年の免税・減税制度

この制度が適用されることで、具体的な車種などによるものの、登録翌年度には自動車税が22,000円程減額される事もあり、通常の乗用車に比べ、更に自動車税を軽減することが可能と言えるでしょう。

一方で自治体の中には、日産リーフを始めとしたエコカーに対し補助金を支給している所も存在します。

例えば、神奈川県横須賀市では電気自動車を購入する際に、所定の手続きを行えば5万円を補助金として支給してもらうことが可能です。
これらを合算すれば、購入後数年に渡り自動車税が免除され、よりお得に電気自動車を購入することができるでしょう。

●ガソリン代がかからない為、維持費がお得になることも

自動車を所有する為には当然のことながら一定の維持費がかかります。
あまり一般的ではない日産リーフのような100%電気自動車の場合、どれくらいの維持費がかかるかわからず、手を出しづらいと感じている方も多いことでしょう。

日産リーフの場合、当然のことながらその動力は電気となる為、ガソリン代は一切かからず、普通車を使用する際のガソリン代を含めた維持費よりも大幅にコストを削減することが可能です。

一方で日産リーフの場合、充電をする為の料金が掛かることも忘れてはいけません。
しかしながら、このような充電のための料金は充電スポットや充電方法などによって様々である為、ガソリン車の場合に比べ、自身の工夫次第で燃料費を含めた維持費を大幅に削減することも可能です。

以上のことから、例えば日常の買い物での使用などにおいては、一般的な軽自動車を使用した場合に比べ、維持費を大幅に削減することも可能と言えるでしょう。

●セカンドカーとして使用する人も増加


それでは、実際に日産リーフを購入した方は、どのような用途でこの日産リーフを使用しているのでしょうか。
前述したように日産リーフの大きな利点の一つとしては、買い物などの日常での使用に限り、ガソリン代を含めた維持費を安くできると言う点が上げられます。
しかしながら、充電自体に長い時間がかかってしまう為、長距離での使用には不向きであると言う欠点があることも事実です。
このような特徴から、近年では日産リーフをセカンドカーとして購入し、日常の買い物等の短距離の移動に利用し、夜間に充電を行っていると言う方が増えているようです。

また、自宅で充電を行う為には、その為の設備を設置する必要があります。日産リーフの様な電気自動車の充電は、一般家庭にあるようなコンセントで行うことはできず、専用の機器を設置する為には10万円以上の工事費がかかることもあります。
しかしながら、現在ではこのような充電設備の設置工事費に関しても一定額の補助金が支給される制度が存在することから、金銭的な負担も最小限に抑えることができるでしょう。

●まとめ

今回は、100%電気自動車として登場し、近年では中古車市場を中心に人気に火が点きつつある「日産リーフ」について解説しました。
日産リーフと言う車種名は一般的になりつつあるものの、100%電気自動車に関する知識はほとんどないと言う方も多く、そのような消費者の知識の少なさがこの車種の普及を妨げている要因の一つと言えるかもしれません。
今回紹介した情報が、日産リーフについてより深く知っていただける為の手助けとなれば幸いです。
また、少しでも日産リーフに興味があると言う方は、今回紹介した特徴や購入することによって得られるメリットなどを参考の上、購入を検討されてみてはいかがでしようか。